医師会について

  1. トップページ
  2. >
  3. 医師会について

医師会について

赤穂には忠臣蔵にまつわる名医達がおります。赤穂藩筆頭藩医近松伊看(義士 近松勘六 奥田貞右衛門の祖父)がおり、その後を継いだ口分田玄端(くもでげんすい)さらに浅野長矩の痞(つかえ-胸がつかえ息が苦しくなる)の病のために京都の名医寺井玄渓を大石内蔵助が招聘し、その後、内蔵助とは討ち入りの詳細をうち明けられるまでになります。彼の要請から遺族や遺児の放免に奔走します。一方、赤穂藩江戸詰藩医内海道憶は曲直瀬道三(5、6代目か)の門下生であり、これまた良く義士を助けましたが、討ち入りには加わらず、事後処理に活躍しました。
外科にも詳しく難産にも長じたとされています。(木下勤氏の赤穂義士伝外史による)。
明治12年8月には虎列刺(コレラ)の流行があり、その際に「虎列刺病流行中医師の他行を禁止」との命令が赤穂郡長兼検疫委員森某の名前で出されていますから、少なくとも医師は数名いた事になります。(赤穂市史による)
明治30年には相生市、赤穂市、赤穂郡を包括した医師会が存在したそうですけれど、詳しい資料は現在残っておりません。
昭和22年新制兵庫県医師会が発足するのに伴い新制相生赤穂郡医師会が設立され、昭和27年には赤穂市医師会として独立。以後、市民の健康維持の為に活躍いたしております。(赤穂市医師会40周年記念誌『蓼』による)

会長メッセージ

赤穂市医師会は赤穂市民の健康に貢献できるように活動をしてきました。
今後も変わることなく地域医療に貢献できる医師会でありたいと考えています。
現在の会員は、市内各病院の医師と開業医で構成されています。
これからの時代は、開業医は「かかりつけ医」の役目を担わなければいけません。
最近特に注目されているのは医療と他職種との連携ですが、その中でも介護連携です。
2025年には団塊の世代が75歳以上になる、いわゆる2025年問題なのですが、これをどのように解決していくのか、人口ピラミッドのゆがみがある以上、このままでは医療や介護が成り立つとは到底考えられません。やはり医師会も積極的に取り組まなければ解決しないのではないかと危機感を持っています。
これからも、健康福祉業務として乳幼児健診、各医療機関での各種予防接種、保育所・幼稚園・小学校・中学校の学校医として子どもたちの健康管理、また、特定健診をはじめ、要介護認定審査などを行っていきます。
毎年秋には、およそ2ヶ月にわたり市民健康大学講座も開催しておりますので、ぜひご参加ください。
出来るだけ、赤穂市民の皆様のご要望にお応えすべく会員一同努力をしていきたいと考えております。

赤穂市医師会会長 黒田和司

概要

A会員 = 37 名
B会員 = 49 名

病院 = 5カ所
有床診療所 = 3カ所
無床診療所 = 32カ所

概要

会長 黒田 和司
副会長 中村 隆彦
副会長 渡邉 節雄
理事 藤井 隆
理事 長尾 俊彦
理事 澤田 周
理事 久保川 潔
理事 藤野 邦男
理事 深井 光浩
監事 三木 宏志
監事 山中 晶雄
議長 堀 康郎
副議長 西岡 聖

アクセス

〒678-0232
赤穂市中広267番地
赤穂市総合福祉会館内
TEL:0791-42-1435
FAX:0791-42-1436

PAGETOP